リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 > ケーススタディ > グローバル研修 > 事例4:海外トレーニー研修前研修

ここから本文です。

事例4:海外トレーニー研修前研修

■クライアントデータ

業種 : 商社
海外赴任者数 : 約300名
海外事業所 : 米国、中国、アジア、欧州など

プロジェクトの背景

将来の海外要員育成のために、海外トレーニー制度を導入する。実務経験5年くらいの社員を選抜して、約2年間海外会社で実務研修と語学の習得を目指したプログラムとしている。研修生の赴任に向けて、効果的な赴任前研修プログラムを導入したい。

実施サービスの概要

ご提案

1.派遣する研修生の数、派遣地域、職種などを参考に、会社が期待する指導のポイントについて、直接ヒアリングするなかで、目的に合ったプログラムを提案。
2.基本となるプログラムの骨子
1.企業サイドのプログラム
  • 企業のグローバル戦略と海外事業の現状・課題
  • 企業の経営理念
  • 海外トレーニーの意義と期待すること(動機付け)
2.リロ・パナソニック エクセルインターナショナルの提供するプログラム
  • 1.異文化理解とコミュニケーション
  • 2.海外安全対策と健康管理
  • 3.役割明確化シートの活用と共有化
    赴任先の職務、ミッション、達成目標の明確化(文書化)内容の共有化と個別ガイダンス
  • 4.地域事情研究(国別事情)
  • 5.選択科目
    ●貿易実務基礎 ●国際法務基本 ●財務管理基礎

リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 > ケーススタディ > グローバル研修 > 事例4:海外トレーニー研修前研修