リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 > ケーススタディ > グローバル研修 > 事例1:海外進出セミナーへの講師派遣

ここから本文です。

事例1:海外進出セミナーへの講師派遣

■クライアントデータ

業種:銀行

プロジェクトの背景

N銀行では、契約先企業責任者より海外進出の相談を受ける機会が急増。一方で中小企業にとっての事業経営相談の一番の相手は契約銀行。N銀行として、アジア進出を計画される企業責任者の方への海外進出セミナーを企画し、その運営を任せられる企業を探していた。中小企業は製造系の企業が多く、それらの方々に馴染みのある製造業出身の講師を抱えるセミナー実施企業としてリロ・パナソニック エクセルインターナショナルを選択された。

現状課題の抽出

大都市圏、地方に限らず海外進出は中小企業にとっての課題となっている。N銀行としては、契約企業への海外進出前の事前検討として、海外進出の課題、ASEAN諸国それぞれの最近の動きと概要についてレクチャーを提供したいと考えていた。

実施したプロセス

リロ・パナソニック エクセルインターナショナルとしてのノウハウの生かせるセミナーとして、N銀行様の要望のヒアリングを実施。
開催場所も銀行本店の会議室での実施を要望。
特定の国(たとえばベトナム)だけでなく、東南アジア諸国連合(ASEAN)の地域事情、労務事情等をカバーする異文化・多文化に対応。
実際に現地で製造責任者として勤務していた経験者からの成功事例、失敗事例をあわせた臨場感のある講演を実施。

サービス導入の成果

一日のセミナーでASEAN諸国の現状と課題についての認識が出来、効率よく研修が実施された。N銀行主催のセミナーにより参加企業の費用負担も軽減。また、必要に応じてフォローアップ研修の依頼や相談が可能になった。

リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 > ケーススタディ > グローバル研修 > 事例1:海外進出セミナーへの講師派遣