リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 > ケーススタディ > 海外赴任者サポート > 事例5:中国への事業シフトに伴う大量人員異動への対応を日本と上海で運用

ここから本文です。

事例5:中国への事業シフトに伴う大量人員異動への対応を日本と上海で運用

■業種、海外事業規模

業種 : アパレル
赴任者数 : 急増中

プロジェクトの背景

E社では、世界戦略の元、生産部門だけではなく生産管理部門についても海外へ移管し、商品開発と商品提供のスピードを上げる。その拠点は中国、都市としては上海。急激な海外事業拡大方針により、多数の海外赴任者を送り出すが、それらの査証関係、健康管理、予防接種、について全くノウハウ無い。また、日本人だけの移動では無く、外国人の最大活用も事業の重要なポイントであり、日本人、外国人の区別無く海外間を移動し勤務してもらう総合的な人事業務が必要。

現状課題の抽出

  • (1)上海への大量赴任、引越管理、倉庫管理。
  • (2)日本での中国査証取得ノウハウ、体格検査。
  • (3)上海側での受け入れ体制、フレキシブルな対応力。
  • (4)役所への同行サポート。
  • (5)住宅手配、上海、東京。
  • (6)外国人と日本人の区別内海外間移動勤務対応。

実施したプロセス

グローバル人事のアウトソーシングに関して、受託企業の事業の考え方、信頼度、対応力を検討。
リロ・パナソニック エクセルインターナショナルはパナソニックグループの海外赴任業務を全面的に受託しており海外事業の重要性、その中に置ける人材の重要性を認識し赴任業務を実践している。赴任者数も多く対応力も十分あり、ことに業務品質は最重点経営テーマとして考えており、依頼できると判断。

サービス導入の成果

赴任者の内示段階でリロ・パナソニック エクセルインターナショナルへの連絡を実施。それ以降はリロ・パナソニック エクセルインターナショナルが直接赴任者に連絡の上、渡航準備を開始、中国拠点である上海子会社との連携の上、赴任業務を実施。
上海では渡航日以降、中国側での就業証、体格検査のための役所への同行訪問を行い、スムーズに就労手続きを完了させることが出来、また不動産物件の案内とも連携し、無駄なく上海での生活設営も済ませることが出来、上海での本来業務を進めることが出来ている。
もし不動産物件に電化製品の故障、キッチンや風呂場での水漏れ、その他の問題が有った場合も上海子会社が対応している。

リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 > ケーススタディ > 海外赴任者サポート > 事例5:中国への事業シフトに伴う大量人員異動への対応を日本と上海で運用