リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 > ケーススタディ > 海外赴任者サポート > 事例2:急速に拡大する海外事業の展開にグローバル人事対応力を強化

ここから本文です。

事例2:急速に拡大する海外事業の展開にグローバル人事対応力を強化

■クライアントデータ

業種 : 化学メーカー
海外赴任者数 : 210名

プロジェクトの背景

世界的競争激化の市場環境の中、海外事業拡大が緊急テーマであるが、人事部門としては海外拠点任用、制度策定が最重要課題であり、赴任者手続き関係については手が回らない。また、将来的に赴任手続きについては会社のノウハウとして蓄積するべき個別ノウハウとはなりえない。人事としての優先事項にパワーを当てたい。ただし、赴任者の取り扱いをおろそかにはできないため、品質の高い海外人事業務アウトソーシングができる企業に委託したい。また委託できる範囲はできるだけ広げたい。

現状課題の抽出

委託内容の分析

(1)現地会社との連絡を含めたビザ取得。
(2)赴任前健康診断と予防接種。
帯同家族の場合は、会社近辺だけでなく実家近辺の医療機関でも実施できるフレキシブルな対応。
(3)赴任前語学研修のアレンジ。
(4)航空券の手配。
(5)引越し。
事業場により、委託引越し業者が異なっておりそれに対応できること。
(6)家財保管。
(7)赴任、帰任に係わる社会保険・労災保険手続き書類の作成。

実施したプロセス

委託内容の分析 企業担当者の設置 具体的引継ぎ 定期的連絡会の実施 赴任者を出す事業場への訪問で事業場人事担当者との打ち合わせ

サービス導入の成果

  • 企業内海外人事の実務を大幅削減でき、当初優先したいと思っていた任用、制度検討等本来の活動ができるようになった。
  • 急増した海外赴任者を的確に支援し、赴任させることができている。安定した品質と対応で赴任者からの評判もよい。
  • 社内の人事が赴任者業務をする場合は赴任者の役職により、対応に差が出ていたが、第三者にアウトソーシングすることにより社内ルールが厳格に適用されるようになった。

リロ・パナソニック エクセルインターナショナル株式会社 > ケーススタディ > 海外赴任者サポート > 事例2:急速に拡大する海外事業の展開にグローバル人事対応力を強化